副交感神経系を改善で連続射精と早漏防止

早漏は、性行為の際に女性が満足する前に射精してしまうことで、挿入してから2分未満と定義されているケースもあります。
この原因は、自律神経の乱れであり、治療を行うことにより高確率で改善することが可能である一方で、悩めば悩むほど悪化してしまいます。

まず、性行為の際に男性性器が勃起するのは精神をリラックスさせる時に働く副交感神経系が優位となることによるものです。
そして、活動する時に作用する交感神経に切り替わることにより射精するという流れとなります。
ここで、副交感神経から交感神経への切り替わりが早すぎる状態が早漏です。

この原因となっているのが、緊張や不安を感じた時に分泌される神経伝達物質です。
この物質の分泌量が多くなることにより、脳内で情報の混乱が起きてしまい、交感神経が優位となり射精してしまいます。
このために、早漏について悩みを抱えているとますますこの物質の分泌量が増加するという悪循環へと陥ってしまいます。
又、情報の伝達が狂わされることにより、連続射精も生じてしまいます。

逆に、早漏防止のためには、この神経伝達物質を抑制しなくてはなりません。
これにより、副交感神経系が優位となる時間が長くなるので、結果的に早漏防止となるのです。
治療薬を服用するという方法もありますが、豚肉や鶏肉、卵や牛乳などを摂取することでも似たような効果を期待できます。
これらの食品には、早漏の原因となる神経伝達物質を抑制する作用があるたんぱく質を含んでいるからです。

副交感神経系から交感神経系への切り替わりが自然な状態に回復することにより、連続射精や早漏防止が実現されます。
又、気持ちをゆったりとさせるということも神経伝達物質の生産を防ぐために効果的であり、早漏防止や連続射精をストップする為に有効です。

Latest Post