頭を抱え悩んでいる男性

早漏は昔から男性の悩みとして大きなものでしたが、最近ではようやくそれが医療の現場でも重要視され、英語の略称をとってPE外来として専門の外来窓口を置くクリニックなどもあらわれてきています。
こうした医療機関で処方される早漏防止のための医薬品にはいくつかの種類がありますが、現在ではおもにダポキセチンとよばれる化学物質を配合した錠剤タイプの内服薬が用いられることが多くなっています。

この早漏防止薬は、もともとは抗うつ剤の一種であり、脳内の過剰な興奮状態をしずめるセロトニンとよばれる神経伝達物質の放出をうながすといった作用があります。
抗うつ剤として用いる場合には、その作用が気分をおちつかせるという効果があるのですが、実はこれが早漏防止にも応用できるということがわかってきました。

すなわち、早漏というのは、性的な刺激によって家事用な興奮がおこり、適切なタイミングを無視して射精を速めてしまうということが原因となっています。
そこで、早漏防止薬を服用することによって、一時的に性的な興奮をしずめて、早漏の症状を改善させるということになるのです。
いいかえれば、医薬品のちからによって、意図的に性的な刺激に対して鈍感にしているということにもなります。

個人差があるため効果の程度は一概にはいえない部分がありますが、基本的に射精までの時間を従来の3倍程度には延長する効果があるとされているため、手軽に早漏防止を図りたいという人にとっては、たいへんすぐれた医薬品であるということができるでしょう。

スマホ画面にショッピングカートのアイコン

なお、こうした医薬品は、海外から少量を個人輸入するなどの例外的な場合を除くと、医療機関を通じて処方を受ける以外の方法による入手は、現在のところは困難となっています。
個人輸入する方法としては代理業者のサービスを行う通販サイトから購入するといいでしょう。
ダポキセチン配合のタダポックス、早漏とEDに効果のあるスーパーPフォース、早漏と中折れに効果のあるスーパータダライズ、など様々な早漏治療薬を選べるのが通販サイトでお求めできるのがメリットです。

またペニスに直接塗ることで早漏防止効果を発揮するリドカインという成分もあります。
ロックスゼリーなどがリドカインを主成分に含む局部麻酔軟膏です。

Popular Articles

Latest Post

アーカイブ